> > 国内初、大学がメガソーラー事業 千葉商科大学がグラウンド跡地に2.45MW

国内初、大学がメガソーラー事業 千葉商科大学がグラウンド跡地に2.45MW

 印刷 記事を保存

千葉商科大学(千葉県市川市)は、野田グラウンド(千葉県野田市)跡地を有効活用して、出力2.45MWのメガソーラーを建設すると発表した。総工費は約7億円。来年4月より東京電力に対する売電事業を開始する。日本の大学が単独でこれほど大規模な太陽光発電事業を開始するのは初めてのことになる。

メガソーラーの名称は「千葉商科大学メガソーラー野田発電所(仮称)」。野球場の移転に伴って9月末で閉鎖した野田グラウンドの敷地約4.68haを利用して建設する。

(※全文:947文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.