> > 農水省、「バイオマス産業都市」二次募集開始 選定されれば政府から支援

農水省、「バイオマス産業都市」二次募集開始 選定されれば政府から支援

記事を保存
農水省、「バイオマス産業都市」二次募集開始 選定されれば政府から支援

農林水産省は、平成30年までに全国で約100地区のバイオマス産業都市の構築を目指すため、「バイオマス産業都市」の第二次募集を開始した。

「バイオマス産業都市」は、地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型のエネルギーの強化により、地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域のこと。

選定においては、応募都市が提案する「バイオマス産業都市構想」を有識者で構成する選定委員会で審査・評価を行ったあと、関係7府省が共同で地域を選定する。募集期間は平成26年1月8日まで。

選定された自治体へは、関係7府省が連携し、選定された構想の実現に向けて、バイオマス産業都市関係府省連絡会議を活用しながら、関係7府省の施策の活用、各種制度・規制面での相談・助言などを含めた支援を行う。

日本では、農村部・都市部の各地域で、木質、食品廃棄物、下水汚泥、家畜排せつ物などの豊富なバイオマスを有しており、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型の再生可能エネルギーの強化を図り、地域の雇用創出や活性化につなげていくことが重要な課題となっている。

こうした状況を踏まえ、昨年9月に関係7府省が共同で取りまとめた「バイオマス事業化戦略」で、原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指すバイオマス産業都市の構築を推進することとし、今年6月に関係7府省が共同で「バイオマス産業都市」の第一次選定地域として8地域を決定した。第一次選定地域は、北海道十勝地域(十勝管内19市町村)、北海道下川町、北海道別海町、宮城県東松島市、茨城県牛久市、新潟県新潟市、愛知県大府市、香川県三豊市。

【参考】
農林水産省 - バイオマス産業都市の第二次募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.