> > つくばエクスプレス、ブレーキ時の回生電力はメガソーラー級 東電に売電開始

つくばエクスプレス、ブレーキ時の回生電力はメガソーラー級 東電に売電開始

記事を保存
つくばエクスプレス、ブレーキ時の回生電力はメガソーラー級 東電に売電開始

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は、12月1日から、列車がブレーキをかけた時に発生する「回生電力」の余剰分を電力会社に売電する電気供給事業を開始した。

初年度の売電量は200万kWh程度を見込み、それは一般家庭の年間電気使用量の600世帯分に相当する。今後さらに拡大させる予定。この回生電力の売電は、鉄道事業者における先進的な取り組み事例となる。

太陽光発電の場合、年間発電量の目安は1kWシステム当たり約1,000kWh。約200万kWhの発電量は、2MWのメガソーラーの発電量に匹敵する。

TXの列車は、加速する時には電気でモーターを回し推進力を得るが、列車がブレーキをかけてから停止するまではモーターを発電機として電力を発生させる「回生ブレーキ」を採用している。この時に発生する電気は「回生電力」と呼ばれている。

TXの列車の「回生電力」は、走行中の他の列車、駅の照明、エレベーター・エスカレーター、冷暖房などの動力・電源として有効活用されており、一年間に列車の運行や駅で使用する電力量の約12~13%を賄っている。本事業では、これらで使用してもなお余剰となる分について電力会社に売電する。

なお、茨城県石岡市に気象庁の地磁気観測所がある。この観測に、影響を与えることのないよう、TXの変電所には鉄道用としては初めてとなるパルス幅変調方式(PulseWidthModulation)の電力変換装置(PWM変換器)を採用している。TXでは、このPWM変換器により回生電力を、電圧や周波数が一定している質の良い電力に変換させて、駅で利用しているほか、今回、東京電力へ売電する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.