> > 太陽電池モジュールの国内出荷量、2013年第2四半期は前年比3.3倍

太陽電池モジュールの国内出荷量、2013年第2四半期は前年比3.3倍

記事を保存
太陽電池モジュールの国内出荷量、2013年第2四半期は前年比3.3倍

平成25年7月~9月の太陽電池モジュールの国内出荷量は、前年同期比3.3倍の207万4,637kWで四半期として最高の出荷量となった。また、そのうち、日本企業が海外で生産したものが30.3%を占め、全体では海外生産品が57.7%を占めた。

太陽光発電協会(JPEA)は、平成25年度第2四半期(平成25年7月~9月)の太陽電池セル・モジュールの国内における出荷統計を取りまとめ発表した。

モジュールの国内出荷量を用途別にみると、非住宅用が前年同期比85.3倍の153万4,064kW(構成比73.9%)で、うち発電事業用が前年同期比105倍の747,364kW(構成比36%)であった。住宅用は前年同期比1.2倍の53万9,977kW(構成比26.0%)だった。

日本におけるモジュールの総出荷量は211万2,384kW(前年同期比293.2%)で、うち国内出荷量は207万4,637kW(前年同期比330.9%、構成比98.2%)、海外出荷量は3万7,747kW(前年同期比40.4%、構成比1.8%)であった。

日本企業の出荷量は157万8,342kWであり、うち国内生産品は91万1,203kW(構成比57.7%)、海外生産品は66万7,139kW(構成比42.3%)であった。

国内出荷量207万4,637kWのうち、国内生産は87万6,737kWで42.3%を占めているが、日本企業が国内及び海外で生産し日本国内に出荷した量は150万1,352kWで、これは国内出荷量の72.4%であった。外国企業による出荷量は27.6%を占めている。

モジュールの国内出荷量

モジュールの用途別国内出荷量は、住宅用が53万9,977kW(前年同期比121.0%、構成比26.0%)、非住宅用が153万4,064kW(前年同期比852.6%、構成比73.9%)で、うち発電事業用が747,364kW(前年同期比1,049.1%、構成比36.0%)であった。

日本におけるモジュールの品種別総出荷量は、Si単結晶が677.790kW(前年同期比223.0%、構成比32.1%)、Si多結晶が120万8,482kW(前年同期比409.9%、構成比57.2%)、Si薄膜・その他が22万6,112kW(前年同期比185.7%、構成比10.7%)であった。

日本企業のモジュールの品種別出荷量は、Si単結晶が57万3,726kW(構成比36.3%)、Si多結晶が77万2,155kW(構成比48.9%)、Si薄膜・その他が23万2,461kW(構成比14.7%)であった。

パナソニックは、マレーシアに、太陽電池の一貫生産を行う新工場を建設し、2012年12月より生産を開始し、2013年8月30日より本格的に量産稼働をスタートさせている。年間生産能力は300MWで、国内の旺盛な需要に応えるとともに、コスト競争力のさらなる強化を図る考えを示している。

海外企業では、11月に米ファーストソーラーが、日本市場に参入するとともに、太陽光発電所の開発に、約100億円(約1億米ドル)を投資すると発表している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.