> > 新開発「フィルム型」リチウムイオン蓄電池 生産速度10倍、容量も3倍に

新開発「フィルム型」リチウムイオン蓄電池 生産速度10倍、容量も3倍に

 印刷 記事を保存

積水化学工業は、塗工プロセスによる大容量フィルム型リチウムイオン電池を開発したと発表した。本電池は、同社比で容量3倍、生産速度10倍、そして高安全性を同時に実現した。容量が増えることで、電気自動車の航続距離伸長も期待できる。

同社は、今回、材料技術とプロセス技術開発を行い、圧倒的な「高生産性」・「フレキシブル」・「薄型」・「長尺・大面積」を有する大容量フィルム型リチウムイオン電池を提供することが可能となった。従来にない「省スペース(大きさ1/3)」・「設置形状自在」が実現でき、自動車・住宅・電子機器を始めとし様々な用途への展開が期待される。

今後、本電池の量産化に向けた検討を進め、電気自動車をはじめ様々な用途への早期実用化を目指す。製品化に向け改良を重ね、2014年夏を目処にサンプル提供を開始し、試作・評価を経て、2015年度には発売をする予定。

(※全文:1,683文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.