> > 福島県に世界最高効率の石炭火力発電プラント 超々臨界圧型で熱効率45.2%

福島県に世界最高効率の石炭火力発電プラント 超々臨界圧型で熱効率45.2%

 印刷 記事を保存

東京電力は、12月3日、福島県双葉郡広野町において、広野火力発電所6号機(60万kW)の営業運転を開始した。本機の発電設備には、超々臨界圧(USC)型を採用しており、石炭火力として世界最高水準となる熱効率45.2%(発電端)を実現した。

発電設備の熱効率45.2%は、USC型を採用することでタービンへ送られる蒸気の高温・高圧化を図るとともに、低圧タービンには広野火力発電所5号機と同設計の48インチ翼を採用することで実現している。その結果、CO2排出量の抑制にも寄与する。

また、硫黄酸化物(SOx)ならびに窒素酸化物(NOx)対策として低NOxバーナーや脱硫・脱硝装置とともに、電気式集じん装置の設置により、ばいじんを低減するとともに、石炭粉じん飛散対策として密閉型ベルトコンベヤを採用するなど大気汚染の防止を図り、環境に配慮した石炭火力発電プラントとした。さらに、石炭火力から発生する石炭灰等の副生成物はセメント原材料等として有効活用しリサイクルを推進する。

(※全文:1,069文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.