> > 福島県に世界最高効率の石炭火力発電プラント 超々臨界圧型で熱効率45.2%

福島県に世界最高効率の石炭火力発電プラント 超々臨界圧型で熱効率45.2%

記事を保存
福島県に世界最高効率の石炭火力発電プラント 超々臨界圧型で熱効率45.2%

東京電力は、12月3日、福島県双葉郡広野町において、広野火力発電所6号機(60万kW)の営業運転を開始した。本機の発電設備には、超々臨界圧(USC)型を採用しており、石炭火力として世界最高水準となる熱効率45.2%(発電端)を実現した。

発電設備の熱効率45.2%は、USC型を採用することでタービンへ送られる蒸気の高温・高圧化を図るとともに、低圧タービンには広野火力発電所5号機と同設計の48インチ翼を採用することで実現している。その結果、CO2排出量の抑制にも寄与する。

また、硫黄酸化物(SOx)ならびに窒素酸化物(NOx)対策として低NOxバーナーや脱硫・脱硝装置とともに、電気式集じん装置の設置により、ばいじんを低減するとともに、石炭粉じん飛散対策として密閉型ベルトコンベヤを採用するなど大気汚染の防止を図り、環境に配慮した石炭火力発電プラントとした。さらに、石炭火力から発生する石炭灰等の副生成物はセメント原材料等として有効活用しリサイクルを推進する。

燃料は安定性、経済性に優れた石炭を使用する。同社は、石炭のメリットについて、中国、アメリカ、インド、オーストラリアなど世界中に幅広く分布しており、可採年数も100年超と他の化石燃料と比較して最も長く、安定した供給が期待できること、加えて、他の化石燃料に比較して安価であり経済性も優れた燃料となっていることをあげている。

本機で使用する石炭は、海外から小名浜コールセンター(福島県いわき市)に海上輸送のうえで一旦貯蔵し、専用運搬船「やまゆり」および「やまさくら」で発電所まで輸送する。

なお、同社の石炭火力としては、広野火力発電所5号機、常陸那珂火力発電所1号機に加え、現在では3つ目のプラントとなり、既設の1~5号機をあわせた広野火力発電所の総出力は440万kWとなる。

同社では、引き続き、電力設備の確実な運転・保守を含めた供給力の確保を着実に進めていくことで、安定供給に全力を尽くしていく考えだ。

超々臨界圧火力発電(USC)は、従来型石炭火力発電より高効率な発電設備。8月には、住友商事が韓国企業とコンソーシアムを形成し、マレーシア政府系電力会社が計画している、超々臨界圧石炭火力発電所(1,000MW×1基)の設計・調達・建設業務を請負うEPC契約を受注している。

本事業では、日立製作所及びバブコック日立株式会社が供給する超々臨界圧石炭火力発電設備を納入する。住友商事などによる日本メーカーが技術的優位性を保っている超々臨界圧石炭火力発電所の海外輸出への取り組みが加速している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.