> > 「エコ大学ランキング」震災以降の節電はリバウンド 再エネ導入は拡大

「エコ大学ランキング」震災以降の節電はリバウンド 再エネ導入は拡大

記事を保存

エコ・リーグは、「2013年度大学における環境対策等に関する全国調査」結果及び、本調査に基づき決定する「第5回エコ大学ランキング」の結果を発表した。第5回目となる今回の調査は、全国781の大学を対象にアンケート調査を行い、200大学から回答が寄せられた。

今回のランキングでは、総合第1位に三重大学(三重県)、同2位に岩手大学(岩手県)、同3位に日本工業大学(埼玉県)が入賞した。


その結果、80%の回答校が2010年度から震災後の2011年度にかけて電力使用量を削減したものの、45%の回答校が翌年度に増加に転じていたことがわかった。地域別に見ると関東・東北でこの傾向が顕著である一方、特に関西・九州地方では2010年度から2012年度にかけて継続的に減少していた。

また、30%の回答校で自然エネルギーの導入が進み、発電量が増加し、導入している大学における自然エネルギーの発電量は総電力使用量の0.21%を占めていることが明らかになった。

入賞した各大学の取り組み例は下記のとおり。

三重大学

2010年以来2度目の総合第1位。環境活動の見える化によってインセンテイブを与える「MIEU ポイント」制度により、全学的な環境活動を活性化させるなど、独自の環境マネジメントを実施するほか、学外においても環境ISO学生委員会や地域のNPOと連携して、年5回大規模な海岸清掃活動を行っている。

岩手大学

僅差で2位。環境関連学部における充実した講義のほか、学内での環境活動に取り組む学生に与える資格制度を設けるなど、実践的な教育カリキュラムを実施する。また、地域の小中学生を対象とした環境体験学習「エコキャンパスツアー」、市民への公開講座を年7回実施する など、市民に広く開かれた教育の場を提供している。

日本工業大学

2011年度夏期に積極的な省エネルギー対策に取り組み、前年度比で約27%の節電を達成し、翌年もその取り組みを継続したことから、2010年度から2012年度に約13%(3年間平均)の節電を達成した。また、同大学が有する太陽光発電設備(523kW)により、学内全消費電力のうち約6.6%を自然エネルギーで賄っている。

表彰式は12月14日(土)13時から東京ビッグサイトにて、上位3校の代表者を招いて行われる予定で、各大学の取り組みの報告会も実施される。

本調査は今年8月から10月に行われ、調査項目は、CO2排出・エネルギー使用量、資源投入・環境負荷、緑地・生物多様性、環境マネジメント、コンプライアンス・アカウンタビリティ、環境教育・研究、連携・協働の7項目が対象となっている。

【参考】
CCC - 第5回エコ大学ランキング結果発表

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.