> > 「エコ大学ランキング」震災以降の節電はリバウンド 再エネ導入は拡大

「エコ大学ランキング」震災以降の節電はリバウンド 再エネ導入は拡大

 印刷 記事を保存

エコ・リーグは、「2013年度大学における環境対策等に関する全国調査」結果及び、本調査に基づき決定する「第5回エコ大学ランキング」の結果を発表した。第5回目となる今回の調査は、全国781の大学を対象にアンケート調査を行い、200大学から回答が寄せられた。

今回のランキングでは、総合第1位に三重大学(三重県)、同2位に岩手大学(岩手県)、同3位に日本工業大学(埼玉県)が入賞した。


その結果、80%の回答校が2010年度から震災後の2011年度にかけて電力使用量を削減したものの、45%の回答校が翌年度に増加に転じていたことがわかった。地域別に見ると関東・東北でこの傾向が顕著である一方、特に関西・九州地方では2010年度から2012年度にかけて継続的に減少していた。

また、30%の回答校で自然エネルギーの導入が進み、発電量が増加し、導入している大学における自然エネルギーの発電量は総電力使用量の0.21%を占めていることが明らかになった。

入賞した各大学の取り組み例は下記のとおり。

(※全文:1,029文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.