> > ダイドードリンコの省エネ自販機、断熱性能向上で消費電力2割減

ダイドードリンコの省エネ自販機、断熱性能向上で消費電力2割減

 印刷 記事を保存

ダイドードリンコは、2013年来のものよりも消費電力を年間20%削減できる省エネ自販機を開発した。2014年1月から全国展開する予定だ。

今回ダイドードリンコが開発したのは「高機能断熱機能搭載の省エネ自販機」。自販機の表面鉄板に、真空断熱材を取り入れ、さらにそれを断熱仕切り板で覆うことによって、自販機内の温度調節機能の稼働時間を少なくすることが可能になった。夏季には、もし冷蔵機能が遮断された状態になっても、最高約8時間は商品の温度が保たれる。

真空断熱材はグラスウールなどを真空パックし金属フィルムなどで覆ったもので、ためた熱や冷気を逃さずエネルギー効率を向上させることができるもの。ダイドードリンコによると、最大手自販機メーカーの自販機では同社のみの採用となる。

(※全文:891文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.