> > 自然エネ財団が提言 2030年にはさらに3割省エネ(2010年比)が可能と試算

自然エネ財団が提言 2030年にはさらに3割省エネ(2010年比)が可能と試算

 印刷 記事を保存

ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が代表を務める自然エネルギー財団は、政府が策定を進めている「エネルギー基本計画」に対して、提言を発表した。

本提言では、原発を今後とも日本の基幹電源とすることを求める議論への批判を行うとともに、省エネルギーの推進と自然エネルギーの拡大を進め、分散型エネルギーシステムへと転換していくことが、日本経済の新たな成長につながることを提起している。

(※全文:2,076文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.