> > BEMS・BAS市場は5年後に20.4%増の565億円に(12年度比) 民間予測

BEMS・BAS市場は5年後に20.4%増の565億円に(12年度比) 民間予測

 印刷 記事を保存

国内のBEMS(ビルディング&エネルギー・マネジメント・システム)およびBAS(ビルディング・オートメーション・システム)市場は、2018年度にはメーカー販売金額ベースで、2012年度比20.4%増の565億円に拡大する見通し。

矢野経済研究所がBEMS・BAS市場を調査した結果として発表した。2018年度の同市場は、従来のオンサイト型BEMS・BASだけでなく、クラウド型BEMSのシステム形態が市場に定着することにより拡大すると予測する。

BASは、主にセントラル空調方式が採用される大型のビルや施設に導入して、空調機器や電力機器、照明機器、動力機器、セキュリティ機器の管理等を自動的に行なうシステムである。BASを導入することにより、設備機器の管理・制御を効率化できるため、BAS市場はビル建築市場とともに成長してきた。また、近年、ビルの省エネルギーニーズに対応するために、BASにBEMS機能も付加されてきた。

(※全文:1,257文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.