> > 日本、コスタリカとの二国間クレジット制度導入

日本、コスタリカとの二国間クレジット制度導入

記事を保存

環境省は、コスタリカとの二国間クレジット制度(JCM)を両国間で導入することを合意し、石原環境大臣と、レネ・カストロ・サラサール環境エネルギー大臣との間で、今月9日東京にて二国間文書の署名が行われたと発表した。

同制度は、途上国への温室効果ガス削減技術、製品、システム、サービス、インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価し、日本の削減目標の達成に活用する制度。

これまでにモンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ベトナム、ラオス、インドネシアと提携し、コスタリカは9か国目、中南米の国では初めてとなる。

【参考】
環境省 - 二国間クレジット制度に係る日・コスタリカ二国間文書の署名について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.