> > ソーラーフロンティア、CZTS太陽電池セルの変換効率12.6%で世界記録更新

ソーラーフロンティア、CZTS太陽電池セルの変換効率12.6%で世界記録更新

記事を保存
ソーラーフロンティア、CZTS太陽電池セルの変換効率12.6%で世界記録更新

ソーラーフロンティアは、IBMコーポレーション、東京応化工業とのCZTS太陽電池に関する共同研究において、CZTS太陽電池セル(0.42平方センチメートル)でのエネルギー変換効率が12.6%(米ニューポート社測定)に達したと発表した。これまでの世界記録は、同研究チームで達成した11.1%(2012年8月発表)で、1年あまりで記録更新することとなった。

CZTS太陽電池は銅、亜鉛、スズ、硫黄、セレン(Copper, Zinc, Tin, Sulfer, Selenium)を主成分として製造される。入手が容易で低コストな原材料を用いるため、コスト競争力に優れ、量産化にも適しており、同社は、今回の記録更新が更なる変換効率の向上や、実用化につながると述べている。

また同社の研究所、厚木リサーチセンターでは、これまでにカドミウムを含まない薄膜太陽電池のセル(約0.5平方センチメートル)として世界記録となるエネルギー変換効率19.7%のほか、30cm角CIS薄膜太陽電池サブモジュールの開口部面積でエネルギー変換効率17.8%を達成している。

なお、本研究成果は、論文誌Advanced Energy Materialsに11月27日付で掲載された。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.