> > 両面受光型の太陽電池、雪の反射光で発電量アップ ホタテも利用可能

両面受光型の太陽電池、雪の反射光で発電量アップ ホタテも利用可能

記事を保存
両面受光型の太陽電池、雪の反射光で発電量アップ ホタテも利用可能

西山坂田電気(旭川市)は、同社が建設した「旭川北都ソーラー発電所」が、11月29日より運転開始したと発表した。同発電所では、地表に積もった雪の反射光を取り入れて発電効率を上げるため、両面受光型の太陽電池を採用した。

積雪寒冷地である旭川では、通常の太陽光発電パネルでは「雪」が発電の妨げになる。そこで、同発電所では1枚のセルで表面と裏面の両方から光を取り入れて発電する両面受光型太陽電池セル「EarthON(アーソン、PVG Solutions製)」を使用した太陽光発電パネル5,320枚(傾斜角40度、パネル4段配置)を導入し、『雪を味方につけた』。

敷地面積35,140平方メートル、発電出力は1.25MW。想定される年間発電量は147万kWh(一般家庭約450軒分)で、一般的な片面発電から得られる発電量よりも大きな数値だ。この両面発電パネルを使用するのは、同ソーラー発電所が道内初であり、またメガソーラー発電所としては世界初となる。

旭川北都ソーラー発電所

旭川北都ソーラー発電所

「EarthON」を製造・販売するPVG Solutions(神奈川県)では、北海道北見市にて両面受光型太陽光発電システムの実証試験を継続して実施している。この実証試験は、積雪がない場合の地表面からの反射光を多く得る方法として、太陽光発電パネル直下の地表面にホタテの貝殻を敷き詰めたもの。

同社が公表している2013年11月度の実証試験レポートによると、積雪がない場合でも、地表面にホタテの貝殻を敷き詰めることで、地表面が芝である状態に対し6.8%、片面受光型太陽光発電パネルを利用した場合(推定値)に比べ13.3%の発電量増加効果が得られた。

PVG Solutions株式会社 北見実証試験場

PVG Solutions株式会社 北見実証試験場
(実施体制:北見工業大学、PVG Solutions、伊藤組土建、KITABA、協力:北海道、北見市)

また、西山坂田電気では「旭川北都ソーラー発電所」において、自立型融雪システムの実証実験も実施する。この実証実験は、両面受光型太陽光発電による電力と、効率的な融雪機能をもつ融雪マットを組み合わせ、外部電源のない地域でのロードヒーティングを実現するもの。融雪マットは、カーボンナノチューブ(CNT)をコーティングした導電繊維「CNTEC」の織物によるファブリックヒーターを使用する。

導電繊維「CNTEC」の織物によるファブリックヒーター

導電繊維「CNTEC」の織物によるファブリックヒーター。これを絶縁性ゴムで封入し融雪マットとした。
全面均一に発熱し、薄くて柔軟、軽量、高い耐屈曲性の特徴を有する。
熱伝導効率が良く、汎用のニクロム線ヒーターに対し約20%の省エネ効果あり。

なお、同発電所は、昨年12月に旭川市が公募した「旧北海道旭川北都商業高等学校グラウンド跡利用募集」において、「地域による、地域のためのソーラー発電所」の提案が採択されたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.