> > 世界初「メタノールで動く船」 商船三井が開発、2016年に運航開始

世界初「メタノールで動く船」 商船三井が開発、2016年に運航開始

記事を保存

商船三井は、世界で初めてメタノールを燃料に使用した船を開発し、2016年に運航を開始する。本船はメタノールおよび重油の2元燃料に対応可能な低速ディーゼルエンジンを世界で初めて搭載する。

同社は、この新たに開発するメタノール専用船について、カナダの大手海運会社Waterfront Shipping Company Limited(WFS社)と最大3隻の長期定期貸船契約を締結したと発表した。

メタノールと重油に対応可能なディーゼルエンジンは三井造船が製造し、本船は商船三井と三井造船が出資する南日本造船(大分県大分市)にて建造する。2016年の竣工後、WFS社向けのメタノール輸送に従事する予定。

メタノールは、硫黄酸化物(SOx)の発生をゼロに抑えることが可能な燃料で、環境負荷の少ないエネルギーとして注目されている。本船は、メタノールを燃料とするほか、バラスト水処理装置を先行搭載、プロペラ前後へ省エネ付加物を採用して燃料消費効率を向上させるなど、優れた環境性能を発揮する。

商船三井は、これまでに培ってきた経験、ノウハウを生かし、幅広い顧客のニーズに応えることで、メタノール輸送サービスのさらなる拡充に取り組む。併せて、同社は環境戦略の一つとして大気汚染防止への取り組みを進めており、今後も環境負荷低減に資するあらゆる技術の導入に積極的に取り組んでいく考えだ。

WFS社は、世界最大のメタノール専業生産者・トレーダーであるMethanex Corporation(Methanex社)の100%出資法人。Methanex社は世界のメタノール生産量約6,000万トンのうち7,500万トンを取り扱い(2012年)、WFS社はそのメタノール海上輸送を担う。

なお、貨物の積荷役にあわせて排出されるバラスト水は、海洋生物を越境移動させ、海洋生態系および生物多様性の保全に対し影響を与える恐れがあり、1980年代後半から国際的に問題視されるようになった。これを受けてIMOで2004年2月に「バラスト水管理条約」が採択された。商船三井は「生物多様性保全への貢献」を掲げており、発効に向けて批准が進む同条約への円滑な対応を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.