> > ハイブリッド車のブルドーザーなどの導入補助金 第3次公募開始

ハイブリッド車のブルドーザーなどの導入補助金 第3次公募開始

記事を保存

環境省では、「平成25年度特殊自動車における低炭素化促進事業」の3次公募及び4次公募を開始すると発表した。

本事業は、低炭素化・低公害化が遅れており、1台当たりのCO2排出量が多いオフロード車について、大幅な燃料消費量の削減が見込めるハイブリッドオフロード車等を新規導入する事業に対して補助金を交付し、支援を行うもの。

公募期間は、第3次公募が12月13日(金)から12月20日(金)まで、第4次公募が1月8日(水)から1月15日(水)まで(ともに当日の消印有効)となっている。

補助対象となるのは、民間事業者(リース・レンタル事業者を含む。また、申請者は補助対象車の所有者であること。)で、トヨタ、三菱、キャタピラー、コマツ、日立、住友、コベルコの16車種(平成25年8月27日現在。詳細は環境省発表の公募要領を参照)のショベル・ローダ、ブルドーザ、フォークリフトなどのハイブリッドオフロード車などを新規導入する事業者。

補助対象費は、対象となるハイブリッドオフロード車等と、同種の通常型オフロード車の車両本体価格の差額の1/2(補助金交付額は1台当たり最大130万円)となっている。

応募者の事業計画書等を基に厳正に審査を行い、平成25年度に事業を実施する補助事業者を選定し、予算の範囲内において補助金の交付を決定する。

なお、東日本大震災における復旧・復興支援に関連すると認められる事業については、選定の際に配慮するとしている。

本事業に応募するには、環境省ホームページ内の「お知らせ」の「公募」のページから申請書等をダウンロードの上、申請書に必要事項を記載し、必要書類を添付して、管轄の地方環境事務所へ申請(郵送のみ)が必要となる。

【参考】
環境省 - 平成25年度 特殊自動車における低炭素化促進事業の3次公募及び4次公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.