> > 神戸製鋼、厚板工場の設備改造に約40億円投資 エネルギー分野への供給を強化

神戸製鋼、厚板工場の設備改造に約40億円投資 エネルギー分野への供給を強化

記事を保存
神戸製鋼、厚板工場の設備改造に約40億円投資 エネルギー分野への供給を強化

神戸製鋼は、エネルギー分野向け厚板の拡販に向けて、約40億円を投資し、加古川製鉄所(兵庫県加古川市)厚板工場の加速冷却設備を改造すると発表した。2014年7月に設置工事を始め、完工は2015年3月の予定。

本投資により、同工場において、本年1月に稼動した新熱処理炉、2014年4月稼動予定の溶銑予備処理設備と合わせて、エネルギー分野向けに競争力のある製品の拡販体制を整備する。

今後現状で厚板全体の約10%のエネルギー分野向け比率を30%まで高め、造船分野・建材分野と合わせた3本柱を中心とする強固な事業体をめざす。

同社によると、厚板事業においては、原料価格の高止まりと製品市況の低迷、中国・韓国における厚板生産能力の大幅な増強などにより厳しい事業環境が続いている。一方で新興国を中心とした世界的なエネルギー需要の増大・北米でのシェールガス革命等により、石油やガスを生産・輸送する海洋構造物やパイプラインの市場は継続的に拡大して行くと予想されている。そのトレンドに対応するため、同社では海洋構造物用鋼板やラインパイプ用鋼板の開発と拡販を進めている。

海洋構造物やラインパイプに使用される鋼板の多くは、圧延直後の加速冷却設備で鋼板全体を高速で均一に冷却し、かつ冷却温度域を高い精度で管理することで組織微細化を行い、破壊に対する高い安全性の確保と良好な溶接施工性を実現するためにTMCP(熱加工制御)が適用されている。

今回既存の加速冷却設備を、水冷ノズルを稠密に配置しかつ鋼板に近づけると共に、水を高圧で噴射する方式に改造することで、鋼板の均一冷却に適したものとし安全性の確保と良好な溶接施工性の双方を実現する。これによりエネルギー分野向けの拡販を可能とし、造船や建材分野向け製品についても高機能化が見込まれる。

同社は厚板分野において、今後も生産・営業体制を整備してエネルギー分野向けの拡販を更に推し進め、市場でのプレゼンス向上と収益改善を図っていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.