> > 理研、光合成のしくみ解明に一歩前進 代替エネルギー開発のヒントに期待

理研、光合成のしくみ解明に一歩前進 代替エネルギー開発のヒントに期待

 印刷 記事を保存

理化学研究所は、分子動力学シミュレーションを使い、光合成膜タンパク質への水の供給経路と酸素、水素イオンの排出経路を明らかにした。これは、天然光合成のメカニズムの全容解明や、光合成の初期過程を担う膜タンパク質「PhotosystemII(PSII)」による水の酸化反応のメカニズムを模倣した人工光合成デバイスの開発に貢献すると期待されている。

植物は、光合成により太陽光エネルギーを使って、水と二酸化炭素(CO2)から酸素とデンプンを作り出している。光合成は2段階に分かれ、1段階目は太陽光エネルギーを使って水を分解し、酸素と電子、水素イオンを作る(酸化反応)。2段階目は、電子と水素イオンを使って、CO2からデンプンを作る。1段階目の酸化反応を担っているのが、チラコイド膜と呼ばれる植物特有の生体膜上に存在する膜タンパク質「PSIIタンパク質」。

(※全文:1,136文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.