> > 三菱電機、JAXAから人工衛星受注 世界初の温室効果ガス観測専用

三菱電機、JAXAから人工衛星受注 世界初の温室効果ガス観測専用

 印刷 記事を保存

三菱電機は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から温室効果ガス観測技術衛星2号「GOSAT-2」の契約者に選定されたと発表した。2017年度予定の打上げに向けて詳細な仕様検討を行い、2014年4月から本格的な開発・製造に着手する予定。

なお、同社は「第15回エコプロダクツ2013」(12月12~14日、於:東京ビッグサイト)で「GOSAT-2」に関連する展示を行う。

2017年度打上げ予定の「GOSAT-2」は、欧米に先駆けて打上げられた世界初の温室効果ガス観測専用の衛星「いぶき」(GOSAT:2009年1月打上げ)の後継衛星となる。三菱電機は今回、「いぶき」において担当した衛星システムの開発・製造に加え、高性能な観測センサーの開発・製造、地上設備の構築、打上げ後の衛星の管制運用をトータルで担当する予定。

(※全文:1,038文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.