> > ミサワホームの超高耐力木質パネル 赤羽の4階建て集合住宅に採用

ミサワホームの超高耐力木質パネル 赤羽の4階建て集合住宅に採用

 印刷 記事を保存

ミサワホームは、独自構法のFWS(フューチャー・ウッド・システム)が採用された「赤羽の集合住宅プロジェクト」の建設工事に着工したことを発表した。設計・監理はKUS一級建築士事務所、施工はスリーエフ。ミサワホームは、同プロジェクトに構造部材となる超高耐力パネルを供給し、同社グループのテクノエフアンドシーが躯体工事を担当する。

FWSは、同社グループのミサワホーム総合研究所が中心となり、研究開発に取り組んでいる新構法だ。強度や耐火性を向上させ改良した木質接着複合パネルを構造体とする構法で、循環資源である木材の建築物への積極的な活用が求められていることなどを背景に、木造建築物の大スパン化や中層化などを目指す。

(※全文:788文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.