> > 一酸化炭素を高効率に分離・回収する新材料 排気ガスを資源に

一酸化炭素を高効率に分離・回収する新材料 排気ガスを資源に

 印刷 記事を保存

京都大学は、混合ガスの中から一酸化炭素(CO)を高選択的に分離・回収できる多孔性材料の開発に成功したと発表した。本成果は、これまで利用できなかった排ガスを新たな資源として利用し、CO2削減にもつなげるものとして注目される。

今回開発した材料を実用化することで、これまで不可能であった工業生産ラインや自動車からの排ガスに含まれるCOの効率的分離による資源化や、シェールガス等から水蒸気改質プロセスで発生したCOガスの精製などの実現が期待される。水蒸気改質プロセスは、メタンから触媒を用いてCOと水素に分解するプロセスで、燃料電池等で水素を得るために用いられている。

一酸化炭素(CO)は、一般的には毒性のガスとして知られており、炭素を含む物質が不完全燃焼する際やメタンから水素を取り出すプロセスの際に発生する。一方、産業界においては樹脂等、有用な化成品を得るために必要な非常に重要な原料となっている。

COは自動車などの乗り物から出る排ガス中にも含まれているが、ほとんどの場合、高価な触媒を用いてCO2へと変換され、大気中に放出されている。また、鉄鋼業の製鉄プロセスにおいても莫大な量のCOが副生ガスとして発生しており、CO2へと変換して排出されている。排ガスに含まれるCOを分離・精製し、化成品材料として転用することができれば、COおよびCO2排出の問題を解決するのみならず、これまで捨てていたものを新たな資源として利用することが可能となる。

(※全文:1,428文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.