> > パナソニックの蛍光灯型LED照明 累計出荷台数100万台を達成

パナソニックの蛍光灯型LED照明 累計出荷台数100万台を達成

記事を保存
パナソニックの蛍光灯型LED照明 累計出荷台数100万台を達成

パナソニック エコソリューションズ社は、同社製品の「一体型LEDベースライト iDシリーズ」が、2012年12月の発売以来約1年間で、全国累計出荷台数が100万台に達したと発表した。

本製品は、器具本体と電源内蔵型LEDユニット(ライトバー)との組み合わせによって構成され、ライトバーの取り替えが可能なため、設置後、器具本体はそのままで明るさの変更が可能であることが特長で、主にオフィスなどの施設向けの商品となっている。

好調な売れ行きの背景として、同社は、今年5月から6月に実施された「エネルギー使用合理化事業者支援」の補助金制度が導入された影響もあり、照明器具をLED照明にリニューアルする施設が増加傾向であるとし、「一体型LEDベースライト iDシリーズ」を発売以降、約1年間で出荷数量ベースでの照明器具のLED化率が約2倍(同社調べ、12月11日現在)と急速に進んでいると述べている。

また、同社は、2014年2月に「iDシリーズ 省エネタイプ」の新製品を発売予定で、センサー付きタイプなどもラインアップされる。同社は同製品の、オフィスや工場など、様々な市場への提案を強化し、LED化の推進に貢献したいと述べている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.