> > 滋賀県・琵琶湖に浮かぶ人工島にメガソーラー 京セラ製太陽電池で8.3MW

滋賀県・琵琶湖に浮かぶ人工島にメガソーラー 京セラ製太陽電池で8.3MW

記事を保存
滋賀県・琵琶湖に浮かぶ人工島にメガソーラー 京セラ製太陽電池で8.3MW

京セラは、琵琶湖に浮かぶ人工島、矢橋帰帆島(滋賀県草津市)のパークゴルフ場跡地に、滋賀県最大となる出力約8.3MWのメガソーラーを設置すると発表した。2015年9月に発電事業を開始する予定。

本事業は、滋賀県が矢橋帰帆島(やばせきはんとう)の未利用地の有効活用を目的に、本年10月、未利用地等を借り受けて太陽光発電施設の設置および運営管理を行う事業者の公募を行ったもの。これに京セラ京セラTCLソーラーが共同で応募し、今回、事業者として採択された。矢橋帰帆島は、滋賀県が琵琶湖を埋め立てて(公有水面埋立)により創出した人工島で、島内は公園として整備されている。

本事業では、京セラが事業全体の企画•立案を担当し、京セラTCLソーラーが事業運営を行う。京セラTCLソーラーは、京セラと東京センチュリーリースが共同出資して設立した太陽光発電事業を実施するための合同会社。

今後は、2014年3月に本協定を締結、同年8月に工事着手、2015年9月の発電事業開始を目指す。なお、発電事業は売電開始から20年間となる。

本発電所は、約99,970平方メートルの土地に京セラ製太陽電池モジュール約34,000枚を設置する計画で、年間発電量は一般家庭2,000世帯分の年間電力消費量に相当する約850万kWhとなる見込み。また、災害等非常用電源の設置、および矢橋帰帆島公園の整備(ソーラー案内板、ソーラー外灯・時計の設置)を行う。さらに発電所には子どもたちへの環境学習を目的とした見学用の展望台を併設するなど、地域の発展に貢献できるものを計画している。

また、発電設備に対するリース•ファイナンスの提供をTCLが行うと共に、発電所の設計施工を京セラコミュニケーションシステム、太陽光発電システム機器の供給および維持管理を京セラソーラーコーポレーションが担当する。

京セラTCLソーラーは、東京センチュリーと京セラが太陽光発電による売電事業を共同で実施するためにSPC(特別目的会社)として2012年8月に設立。出資比率は東京センチュリーリースが81%、京セラが19%。また、東京センチュリーは、伊藤忠商事や日本土地建物、みずほ銀行、日本生命保険が出資する総合リース会社。京セラグループおよび京セラTCLソーラーは、太陽電池の生産供給から設計•施工•保守管理•発電事業までを手がけている。

京セラTCLソーラーは、2013年7月に第一号発電所として香川・生島メガソーラー発電所(2.4MW)の運転を開始。今年度運転を開始するメガソーラーは、稼動済みを含め全国で11カ所、合計21.6MWとなる予定(2013年9月時点)。2MW以上の特別高圧案件も積極的に取組む方針で、同時点で2014年度末までに合計25カ所(60~70MW)程度の発電事業を見込んでいる。

【参考】
滋賀県 - 矢橋帰帆島大規模太陽光発電施設設置運営事業の基本協定を締結します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.