> > 小型船舶にも搭載が容易な廃熱回収装置 燃費向上でCO2を最大4%削減

小型船舶にも搭載が容易な廃熱回収装置 燃費向上でCO2を最大4%削減

 印刷 記事を保存

三井造船は、舶用主機用廃熱回収装置として自社開発した「Turbo Hydraulic System(THS)」を常石造船から受注した。THSは、常石造船が建造する58,000重量トン型ばら積み貨物船14隻に搭載される。

同社は、舶用ディーゼル機関に搭載されている過給機の高効率化に伴う余剰排気エネルギーの増加に着目し、このエネルギーを油圧動力として回収するTHSを開発した。回収した油圧動力を機関の軸動力として利用することにより、最大4%のCO2削減(燃費向上)効果を得ることができる。

(※全文:886文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.