> > ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクル 日本企業3社が中国で共同展開

ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクル 日本企業3社が中国で共同展開

記事を保存
ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクル 日本企業3社が中国で共同展開

帝人、オンワード、富士ゼロックスは、3社の中国拠点で、ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクルを共同展開することを発表した。

本事業を展開するのは、
南通帝人(江蘇省南通市、ポリエステル長繊維の製織・染色加工・販売)、オンワード貿易(上海市、ユニフォームの企画・生産・販売)、富士ゼロックスチャイナ(北京市、販売会社)の3社。

この取り組みは、リサイクルのしやすさに配慮したユニフォームの開発・製造・着用、および使用後のリサイクルを通じて、各社が重要市場とみなす中国における環境負荷低減に貢献するものとしている。

その第一弾として、富士ゼロックスチャイナと富士ゼロックスエコマニュファクチャリング(江蘇省蘇州市、複合機・複写機などの使用済み商品やカートリッジの再資源化を行う有限公司)の従業員が2014年1月より、リサイクルされたユニフォームの着用を開始することとなった。

富士ゼロックスチャイナでは保守業務担当カスタマーエンジニア(約500名)のユニフォームのパンツとして、富士ゼロックスエコマニュファクチャリングでは工場勤務の従業員(約200名)のユニフォームとして、導入される。



これらのユニフォームは再生可能なポリエステル繊維を、南通帝人が製織・染色し、その生地をオンワード貿易がユニフォームとして縫製・製品化したもので、機能性、着用快適性、静電気の発生を抑制するなど安全性にも配慮した仕様となっている。

リサイクルの流れは下図のようにおこなわれる。

ユニフォームリサイクルの仕組み

ユニフォームリサイクルの仕組み

使用済みのユニフォームが、富士ゼロックスの中国拠点各社から回収され、浙江佳人新材料(浙江省紹興市、帝人出資の合弁会社ポリエステル製品のケミカルリサイクル、およびリサイクルポリエステル繊維の製造・販売)のケミカルリサイクル工場(2014年稼働予定)に送られ、帝人の循環型リサイクルシステム「エコサークル®」によって、石油から製造するものと同じ品質のポリエステル繊維として再生される。

その後、再生ポリエステル繊維を用い、オンワード貿易が新たな資源投入を抑えて再びユニフォームを製造し、富士ゼロックスの中国拠点各社に納入される。


なお、帝人の循環型リサイクルシステム「エコサークル®」は、回収した使用済みポリエステル製品から異素材を除去して分子レベルに分解し、石油から製造するのと同品質の原料に戻し、再び新製品を製造するケミカルリサイクル技術を生かしたリサイクルシステム。 新規製造時に比べ約80%のCO2排出量を削減できる。

2002年から本格展開し、賛同する国内外アパレルメーカーやスポーツメーカー150社以上と共同で、商品の開発およびその回収・リサイクルを進めている。

3社は、今後この循環型リサイクルプログラムを拡大し、環境への関心が高まる中国において、持続可能な社会の実現に向けて一層貢献していきたいとの考えを示している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.