> > ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクル 日本企業3社が中国で共同展開

ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクル 日本企業3社が中国で共同展開

 印刷 記事を保存

帝人、オンワード、富士ゼロックスは、3社の中国拠点で、ポリエステル製ユニフォームの循環型リサイクルを共同展開することを発表した。

本事業を展開するのは、
南通帝人(江蘇省南通市、ポリエステル長繊維の製織・染色加工・販売)、オンワード貿易(上海市、ユニフォームの企画・生産・販売)、富士ゼロックスチャイナ(北京市、販売会社)の3社。

この取り組みは、リサイクルのしやすさに配慮したユニフォームの開発・製造・着用、および使用後のリサイクルを通じて、各社が重要市場とみなす中国における環境負荷低減に貢献するものとしている。

その第一弾として、富士ゼロックスチャイナと富士ゼロックスエコマニュファクチャリング(江蘇省蘇州市、複合機・複写機などの使用済み商品やカートリッジの再資源化を行う有限公司)の従業員が2014年1月より、リサイクルされたユニフォームの着用を開始することとなった。

(※全文:1,184文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.