> > 「イオンモール幕張新都心」の電気自動車用充電器にNECの新システム

「イオンモール幕張新都心」の電気自動車用充電器にNECの新システム

記事を保存
 「イオンモール幕張新都心」の電気自動車用充電器にNECの新システム

NECとイオンは、12月20日にオープンする「イオンモール幕張新都心」(千葉市美浜区)において、「EV・PHV充電クラウドサービス」を開始すると発表した。

NECは本サービスの提供にあたり、「イオンモール幕張新都心」に急速充電器(4基)、普通充電器(10基)および充電コントローラ(4基)を設置する。

この充電器を同社のクラウドにネットワーク接続することで、イオンが運営する電子マネー「WAON」による充電器の利用者認証や、監視制御(運用・障害情報)、Webやカーナビへの充電器の利用状況(満空情報)の情報提供など、快適・便利に充電器を利用するサービスを提供するとしている。

本サービスにより、イオンは、12月20日から「イオンモール幕張新都心」の来場者向けの充電サービスを開始し、2014年春からはWAONによる会員認証サービスを提供する予定。

イオンでは、2012年8月に発表した「イオンのecoプロジェクト」の一環としてEVなど低炭素型モビリティの導入や普及を推進している。

今回の「イオンモール幕張新都心」をはじめ、同社が全国50箇所に設置したEVの充電ステーションでは、イオンディライトとNECが構築したEV充電サービスが運用されており、2014年度内には全国約490カ所1,150基(急速充電器500基、普通充電器650基)となる、日本最大規模のEV充電ステーション網となることが予定されている。 

NECは今後もイオンと共にWAONカードを活用した認証・課金など様々なEV充電サービスの提供に向けた検討を進め、スーパーやコンビニなどの商業施設、サービスステーション、駅や空港などの公共施設などにおいて、EV・PHV向け充電クラウドサービスを提供したいと述べている。

【参考】
イオン、2014年度内に全国490カ所1,150基のEV充電ステーション

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.