> > 栃木県が小水力発電の候補地15ヵ所を公表 1月に発電事業者を公募予定

栃木県が小水力発電の候補地15ヵ所を公表 1月に発電事業者を公募予定

記事を保存
栃木県が小水力発電の候補地15ヵ所を公表 1月に発電事業者を公募予定

栃木県は、河川活用発電サポート事業について、現時点において事業化の可能性が高い15の有望地点を公表した。平成26年1月には、これら有望地点における事業化に向け、発電事業者の公募を開始する予定となっている。

同県が公表した有望地点は、鹿沼市の4カ所と日光市の11カ所。選定された河川は、思川、黒川、大芦川(以上、鹿沼市)、渡良瀬川、餅ケ瀬川、庚申川、内籠川、神子内川熊野沢(以上、日光市)の、利根川水系の9本となっている。上記すべての有望地点での事業化が開始された場合、想定される発電力は、合計で約2.5MWとなる見込み。

候補地No.1 有望地点の落差状況

候補地No.1 有望地点の落差状況

同県は、県内河川における水力発電の導入を促進するため、有望地点を調査し、発電可能量や経済性等について検討してきた。また、県内には公表地点以外にも水力発電の適地が多数存在するとし、今回の公表を機に、水力発電の導入拡大に向けた自発的な取組みを期待するとの考えを示している。

候補地No.5 各地点の状況が写真入りでわかりやすく掲載されている

候補地No.5 各地点の状況が写真入りでわかりやすく掲載されている

【参考】
栃木県 - 水力発電の有望地点の公表について【河川活用発電サポート事業】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.