> > ソーラーフロンティア、宮城県にCIS薄膜太陽電池工場 2015年に稼働

ソーラーフロンティア、宮城県にCIS薄膜太陽電池工場 2015年に稼働

記事を保存
ソーラーフロンティア、宮城県にCIS薄膜太陽電池工場 2015年に稼働

昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアは、150MWの公称生産能力を持つCIS薄膜太陽電池工場の新工場を宮城県大衡村に建設すると発表した。世界市場を見据えた最新量産技術を導入し2015年3月までに稼働を開始する予定。

同社は銅、インジウム、セレンを使用して、独自技術でCIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。新工場「東北工場(仮称)」は同社が宮崎県に有する3つの工場に続く4番目の生産拠点となる。

投資額は約130億円を予定。なお、本案件は経済産業省によって「平成23年度国内立地推進事業補助金」の対象として採択されており、宮城県からの「みやぎ企業立地奨励金」や大衡村の「企業立地推進奨励金」にも応募する予定。同社は新工場建設によって、地元の関連企業と協働し、雇用を創出することで、東北経済の活性化に寄与する。

今回建設する東北工場には、従来よりも高性能な製品をより効率的に生産することができる最新の量産技術を導入する。これにより、変換効率を向上させた高性能CIS薄膜太陽電池モジュールを、世界トップクラスのコストを実現する。

同社は2010年に現在のブランドに統一して以降、これまで順調に成長を遂げており、開発、生産、販売のいずれにおいても成果を出してきた。2013年は通期で黒字化を達成できる見込み。

同社では、東北工場は今後同社がグローバルプレーヤーとしての地位を確立する技術的な礎になり、さらには海外への販売拡大を視野に、海外生産拠点を展開するためのモデル工場としての役割も担うと説明している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.