> > 岡山市のレンタサイクル「ももちゃり」 どこで返してもOKになるシステム導入

岡山市のレンタサイクル「ももちゃり」 どこで返してもOKになるシステム導入

記事を保存
岡山市のレンタサイクル「ももちゃり」 どこで返してもOKになるシステム導入

IHIグループのIHIエスキューブは、レンタサイクルの活用によりCO2排出量の削減・市街地の渋滞緩和等を目指す、岡山市コミュニティサイクル「ももちゃり」向けに、管理システムを含む「コミュニティサイクル設備」一式を納入したと発表した。

「コミュニティサイクル設備」とは、街中に複数のサイクルポート(自転車貸出拠点)を設置し、利用者がどこのサイクルポートで借りて、どこのサイクルポートに返しても良いシステム。公共交通網を補完する第二の公共交通ともいわれている。海外では広く普及しており、現在、日本では都市部を中心に、導入実験が各地で実施されている。

IHIエスキューブが今回納入した設備は、自転車140台を岡山市内17ヵ所のサイクルポートに配置し、自由な貸出と返却ができる仕組みになっている。サイクルポート、管理事務所、IHI豊洲ビルにあるデータセンターをネットワークで結び、IHIエスキューブがシステムの提供のほか、保守もサポートし、中央復建コンサルタンツが運用を行う。

利用者ICカードと自転車に取りつけたICタグをシステムで管理し、事業者は、いつ誰がどの自転車を使用しているかを管理できる。利用も定期利用や回数利用など、通勤・通学および観光目的など幅広い利用が可能。従来の対面での利用登録のほか、サイクルポートに設置された路上端末機での利用登録が可能になったほか、クレジットカード・交通系ICカード・現金と多彩な支払方法を採用することで利便性向上させた仕組みを提供した。

岡山市は、気候が温暖であり起伏の少ない平坦な地形が多いため、「岡山市都市交通戦略」において自転車を岡山市にふさわしい交通手段の一つとして位置付けている。こうした中、平成24年8月に「自転車先進都市おかやま実行戦略」を策定。その施策の1つとして、公共交通利用への転換を促進するツール・賑わいのある都心部を創出するツール・街を彩り、本市のイメージアップに資するツールとして、岡山市コミュニティサイクル「ももりゃり」を導入した。

IHIエスキューブは、すでに東京都世田谷区、大阪府堺市、東京都江東区でも同様のシステムを稼動させており、今後も全国規模で販売拡大を目指していく考えだ。

【参考】
岡山市コミュニティサイクル運営本部 - 「ももちゃり」ホームページ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.