> > 燃料電池「エネファーム」のエネルギー効率測定法をJIS化 国際規格化に先手

燃料電池「エネファーム」のエネルギー効率測定法をJIS化 国際規格化に先手

 印刷 記事を保存

経済産業省は、家庭用燃料電池システム「エネファーム」について、実使用におけるエネルギー効率等の試験方法を定めた日本工業規格(JIS)を制定した。

今回制定した規格は、小型燃料電池システムのエネルギー効率について、従来の定常状態での効率ではなく、より実使用に近い作動条件でのエネルギー効率及び省エネルギー性の測定方法を定めた重要な工業標準となる。

本規格は世界に先駆けて作成されたもので、国際規格としてIECに提案する方向で検討している。本規格の制定により、日本の小型燃料電池システムの省エネルギー性が適正に評価されるようになり、ユーザにおける製品選択及びメーカの産業競争力強化に寄与することが期待される。

電気出力10kW未満の小形燃料電池システムは、有害な排出物がほとんどなくクリーンで、エネルギー効率も非常に高く、しかも天候に影響されず安定して電気と温水が得られる地球環境保全に優れたコージェネレーションシステム。小形燃料電池システム(エネファーム)は日本が2009年に世界に先駆けて一般販売を開始し、2012年度までのわずか4年間で、40,344台が実際の家庭に設置されている。今後は日本を始め、ヨーロッパなど世界中に普及すると予測されている。

(※全文:2,187文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.