横浜市、市内の道路灯11万基をESCO事業でLED照明に切替え 提案募集中

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

横浜市は、自治会・町内会が所有する防犯灯をLED照明に変えるESCO事業について、入札の実施を告知した。

今回の横浜市の提案は、東京電力やNTT東日本が所有する電柱に設置された蛍光灯をLEDに交換し、その工事から維持管理まで行う業務を民間企業に10年間契約で委託するもの。その事業者を一般競争入札によって決定する。事業内容は落札者の提案計画に沿う形になる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報