> > 顔料が太陽電池などの電子材料に 東大が半導体「酸窒化タンタル」の合成に成功

顔料が太陽電池などの電子材料に 東大が半導体「酸窒化タンタル」の合成に成功

 印刷 記事を保存

東京大学は、アナターゼ型の結晶構造を持つ酸窒化タンタル(TaON)の高品質な単結晶薄膜を合成することに世界で初めて成功し、高い電子移動度を示す高性能な半導体材料であることを発見したと発表した。

TaON(Ta:タンタル、O:酸素、N:窒素)は重金属を含まない顔料や光触媒としての応用が研究されている。アナターゼ型のTaONは、発光ダイオードや太陽電池などの光デバイスの透明電極や水素発生用の光触媒材料などに応用できると期待される。また、アナターゼ型のTaONの単結晶薄膜を合成する技術は他の酸窒化物にも適用できるため、新たな電子デバイス材料の開発に貢献する手法として期待される。

TaONは透明導電膜や光触媒として応用されているアナターゼ型の酸化チタン(TiO2、Ti:チタン)と同じ結晶構造を持つことが知られている。しかし、これまでに合成されたアナターゼ型のTaONは、添加剤を多量に含む微細な粉末に限られていたため、その電気的性質を測定することができなかった。

(※全文:1,531文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.