> > 東大、世界の気候変動影響評価の最新の知見を発表 ホットスポットも特定

東大、世界の気候変動影響評価の最新の知見を発表 ホットスポットも特定

 印刷 記事を保存

東京大学は、世界13カ国による国際共同研究プロジェクトの成果として、水、農業、生態系、健康分野における世界の気候変動影響評価の最新の知見を発表した。

今回、東京大学が参加する気候変動影響評価のモデル相互比較国際プロジェクト「ISI-MIP」では、水資源・水災害、農業・食糧生産、陸域生態系、健康(マラリア)の4分野を対象とし、5つの気候モデルが予測する将来の気候条件を合計35の影響評価モデルに与え統合的な気候変動の影響評価を行った。

その結果、複数分野に及んで温暖化の影響を顕著に受ける地域(ホットスポット)として、アマゾン南部、欧州南部、アメリカ中部、アフリカ東部などを特定した。また、気温の上昇に伴い慢性的水不足に分類される地域が増大し、影響を受ける人口も増加すると推計した。

(※全文:1,502文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.