> > フォードのコンパクトカー「フィエスタ」の新型が発売

フォードのコンパクトカー「フィエスタ」の新型が発売

記事を保存
フォードのコンパクトカー「フィエスタ」の新型が発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードがグローバル・プロダクトとして世界中で展開するコンパクトカー「フォード・フィエスタ」の新型を2月1日に発売する。同車は、3気筒、総排気量997ccの「1.0L EcoBoost」エンジンを搭載。

「気筒内直接燃料噴射」「Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)」に先進のターボ・テクノロジーを組み合わせて、優れた燃費性能と動力性能を両立させた。エンジンに最新のデュアルクラッチ・テクノロジーを採用したトランスミッション「6速PowerShift」を組み合わせ、17.7km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。価格は229万円~。

パワーステアリングには、エンジン負荷が少なく、燃費向上に寄与するとともに、緻密な制御が可能な「電動パワーステアリング(EPAS)」を採用。安全面では、前方車両の追突の回避をサポートする低速時自動ブレーキシステム「アクティブ・シティ・ストップ」、フォード独自の車両安定化技術「アドバンストラック」、ドライバーの脚部を保護する「SRSニーエアバッグ」を含めた7つのエアバッグ等を標準装備している。

なお、「フィエスタ」は、1976年に欧州で初代モデルがデビューして以来、累計販売台数1,500万台以上。現在、世界140カ国以上で販売されており、2012年の販売台数は72万3,130台を記録している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.