> > 車載光学関連システム世界市場、2022年は2012年比1.8倍に 民間予測

車載光学関連システム世界市場、2022年は2012年比1.8倍に 民間予測

 印刷 記事を保存

マーケティング会社の富士キメラ総研が、昨年9、10月に、世界の自動車市場を対象に、今後開発が注目される「安全」「快適」分野の光学関連システムとその注目構成部材を表示、照明、安全/センシング分野に絞り調査した結果を発表した。

注目市場として、燃費改善やエコ意識が引き金となり、それらの情報を表示するMID(マルチインフォメーションディスプレイ)、高輝度化と低価格化によりLEDのシェアが拡大するヘッドランプシステムなどをあげる。

近年、自動車における「環境」「安全」「利便・快適」をテーマとした技術開発が精力的に行われてきたが、この「安全」「快適」分野の核となるのが光学関連技術である。「安全」分野では車載カメラ、センサー、ミラーを適宜利用したシステムが構築され、「快適」分野では液晶ディスプレイ(LCD)の採用、ヘッドランプやリアランプの省電力化/軽量化のためのLED化や有機ELの採用が進むと予測され、これらを融合して生まれる将来性の高い分野が注目されている。

富士キメラ総研では、22年の世界の自動車生産台数を12年に比べ40%増の1億1,800万台と予測している。20年には日本で車載カメラ、ミリ波・レーザーレーダを搭載しその機能を統合した自動車が20万台程度生産され、20年以降、先進運転支援システム(ADAS)のさまざまな技術を融合した完全自動運転自動車が本格的に実用化すると予測される。この様な予測をもとに調査対象の車載光学関連システムの13年実績は世界で、前年比6.7%増の3兆9,844億円になると見込まれる。22年には12年から82.4%成長の結果、6兆8,106億円の市場に拡大すると予測される。

3つの分野別にみた本調査レポートの概要は以下の通り。

(※全文:2,707文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.