> > コルクボードを使った壁面緑化システム ENEX2014会場で省エネ効果を検証

コルクボードを使った壁面緑化システム ENEX2014会場で省エネ効果を検証

 印刷 記事を保存

日比谷アメニス(東京都)は、1月29日~31日開催の「エネマネハウス2014」で、同社の壁面緑化システム「ラピュタ・グリーンウォールC(LGW-C)」の展示と性能の検証を行うと発表した。

LGW-Cは、天然素材基盤(コルクボード)に専用植生ポットを配植し、多彩な壁面緑化景観を実現する壁面緑化システム。基盤である天然素材基盤は建築の断熱材としても利用され、省エネ効果が期待でき、建築環境にも適している。エネマネハウス2014の会場は、東京ビッグサイト東雲臨時駐車場。入場は無料。

(※全文:783文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.