> > コルクボードを使った壁面緑化システム ENEX2014会場で省エネ効果を検証

コルクボードを使った壁面緑化システム ENEX2014会場で省エネ効果を検証

記事を保存
コルクボードを使った壁面緑化システム ENEX2014会場で省エネ効果を検証

日比谷アメニス(東京都)は、1月29日~31日開催の「エネマネハウス2014」で、同社の壁面緑化システム「ラピュタ・グリーンウォールC(LGW-C)」の展示と性能の検証を行うと発表した。

LGW-Cは、天然素材基盤(コルクボード)に専用植生ポットを配植し、多彩な壁面緑化景観を実現する壁面緑化システム。基盤である天然素材基盤は建築の断熱材としても利用され、省エネ効果が期待でき、建築環境にも適している。エネマネハウス2014の会場は、東京ビッグサイト東雲臨時駐車場。入場は無料。

エネマネハウス2014は、同期間に東京ビッグサイト 東3ホールで行われる「ENEX2014/Smart Energy Japan 2014」の併催イベントの1つ。経済産業省の事業の一環として、大学と企業の連携により、2030年の家をテーマに「エネルギー」「ライフ」「アジア」の3つのコンセプトの下、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウス5棟を建築・展示する。

来場者は、モデルハウスの内部を見学できる。各モデルハウスのエネルギー消費量や室内の温度、湿度等は、会場やウェブサイトでリアルタイムに表示される。また、来場者に最も住みたい住宅に投票してもらい決定する「People’s Choice Award(仮称)」の実施も予定。最終日1月31日には、ENEX展会場内でエネマネハウス2014の講評会と表彰式を実施する。参加は無料。

なお、LGW-Cは、慶應義塾大学SFC研究所が提案する『慶應型共進化住宅 Keio Co-Evolution House』プロジェクトに採用されている。同プロジェクトは、平成25年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス標準化に係る調査・実証事業」に採択されている。

【参考】
慶應義塾大学 - 『Keio Co-Evolution House』プロジェクトが経済産業省の事業に採択されました(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.