> > 野村不動産など、マンションの省エネでピークカット11%を実証 次年度は新技術も

野村不動産など、マンションの省エネでピークカット11%を実証 次年度は新技術も

 印刷 記事を保存

野村不動産などは、大規模マンションに入居する世帯を対象とした昨夏の省エネ実証で、新電気料金と電力使用量の見える化、省エネアドバイスの提供によって、夏季需給ひっ迫時間帯において約11%のピークカットと、約7%の省エネという結果を得たと発表した。

2014年4月からは、これまでの実証内容に加え、様々な家電の電力使用量を個別に見える化する新技術「ディスアグリゲーション技術」を用いた次世代の電力見える化サービスの実証実験も開始する。

野村不動産及びファミリーネット・ジャパン(FNJ)は、分譲マンション「プラウド船橋 一街区・二街区」(千葉県船橋市)の入居世帯(全573世帯)のうち、参加申込みのあった233世帯(参加率40.7% ※2013年12月時点)を対象に、昨年8月より省エネルギーへの意識及び効果に関する調査を実施している。調査期間は2014年11月までで、うち、夏季実証期間は2013年8月~9月。

本調査は、(1)新電気料金「スマートプラン」の効果検証:ピークカット効果(kWの低減)/省エネ(kWhの削減)、(2)スマートメーターのデータ分析結果をもとに作成される省エネアドバイスレポートの効果検証、(3)ディスアグリゲーション技術の性能検証、を目的としている。

この検証のために、参加世帯を料金体系(スマートプラン/従来型料金体系)、及び節電情報提供(HEMS見える化・省エネアドバイスレポート)の有無によりグルーピングした。加えて、ディスアグリゲーション技術の性能検証のためディスアグリゲーション機器を設置したグループを追加した。

(※全文:1,592文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.