> > 電気化学工業、自社事業の基盤強化のため水力発電所を建設

電気化学工業、自社事業の基盤強化のため水力発電所を建設

記事を保存
電気化学工業が所有する水力発電所位置図

電気化学工業が所有する水力発電所位置図
(※画像クリックで拡大)

電気化学工業は、石灰・カーバイド系事業の将来に向けた基盤強化を図るために、新潟県糸魚川市内に水力発電所を建設すると発表した。新規水力発電所の発電能力約8,000kW。投資額は約70億円。送電開始は平成30年4月を予定している。

同社は、創業以来の事業であるカーバイド、石灰窒素を始めクロロプレンゴムに至る石灰・カーバイド系の事業を現在でも基盤事業として展開しており、採掘権を有する豊富な石灰石に加え、水力を主体とする自家発電が競争力の源泉となっている。自家水力発電については、新潟県糸魚川市の「青海工場」近隣に、流れ込み式水力発電所15カ所(北陸電力との共同出資会社保有5ヵ所を含む。合計出力約11万kW。)を保有している。

同社では、平成25年4月10日に経営計画「DENKA100」の戦略見直しにて発表したとおり、更なる石灰・カーバイド系事業の将来に向けた基盤強化を図るべく、次の100年に向けた取り組みとして調査・検討していた新規水力発電所について、今般建設することを決定した。

建設する水力発電所は、既設青海川発電所の上流に位置する。年間発電量は約2,600万kWhを見込む。当初20年間は発電した電力を全て電力会社に販売する計画だ。今後、所定の申請及び設計作業を進め、平成27年に着工し、平成30年4月より送電を開始する予定。また、建設に当たっては、周辺の環境に十分配慮しながら進めていくとしている。

同社は、水力発電所は安定したクリーンな電源であり、寿命は100年以上とも言われており、クリーンエネルギーの利用拡大に貢献できるものと説明している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.