> > 芝浦工業大学のゼロエネルギーハウス ポイントは「呼吸する屋根」

芝浦工業大学のゼロエネルギーハウス ポイントは「呼吸する屋根」

記事を保存
芝浦工業大学のゼロエネルギーハウス ポイントは「呼吸する屋根」

芝浦工業大学は、ZEHプロジェクトとして取り組む「母の家2030 ― 呼吸する屋根・環境シェルターによるシェア型居住スタイル」のモデルハウスを、1月29日(水)~31日(金)まで東京ビッグサイトで行われる国際的な省エネ関連のイベント「ENEX2014」に出展し、コンペティションに参加することを発表した。

「母の家2030」は、学生の母親世代の多くが高齢となる2030年の住環境を想定し、シェア型居住スタイルを実現した「《個》が集まるライフスタイルから、《共》のつながるライフスタイルへ」というコンセプトの住宅だ。

各住居が集合することで、エリア全体が長屋的シェア型住居(集合住宅)を形成する

各住居が集合することで、エリア全体が長屋的シェア型住居(集合住宅)を形成する

   各家庭が《個》に分散することによるエネルギー消費の効率の悪さや、社会での孤立化、居住空間の閉鎖化といった近年の社会問題を解決するべく、太陽光発電と自然採光を生かした呼吸する屋根と、エネルギーの制御システムの構築によるエリア全体での「エネルギーのシェア」、身体に負担をかけない空調設備、開放的かつ必要最小限の機能空間シェルターなどによる「くらしのシェア」「セキュリティのシェア」が考えの柱となっている。

住宅の断面図

住宅の断面図。

建築のポイントとなるのは、「呼吸する屋根」と「環境シェルター」で、下記のような機能を備えている。

ゼロエネルギーを実現する住居のしくみ

ゼロエネルギーを実現する住居のしくみ
(※画像クリックで拡大)

「呼吸する屋根」は、屋根に設置されたパネルと通気層によって、太陽熱集熱や太陽光発電、昼光、温度差による空気の流れを積極的に利用し、エネルギーを生み出すもの。市松状の開口によって、家の中に陽の光を取りこむことで、夏は除湿、冬は暖房効果と新鮮な空気をとりいれる機能を果たし、最低限の空調で快適に過ごせるしくみ。

「環境シェルター」は、個人のスペースである寝室や、台所・水回りなどを必要最小限にユニット化し、これを共用スペースでつなぎ、災害時にはエリア全体でシェアできるようしたもの。

なお、本プロジェクトを事業化する際、この住宅システムをアジアに輸出・展開することを視野に入れ、建材をアジア各地の地産地消型にし、地域の風土に適合させた住宅を作ることでコストを抑え、日本の伝統的工法による耐震性を生かしアジア諸国の自然災害対策にも貢献できるとしている。

また、同プロジェクトでは、首都圏初で国内でも2例目となるCLT(クロス・ラミネイティド・ティンバー)という高機密・高断熱素材を用いた工法でモデルハウスを建築する予定だ。

同プロジェクトは、経産省資源エネルギー庁の「平成25年度 住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業」の一環として行われる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(=ZEH)」の標準化に係る調査・実証事業」に採択された事業。

ENEX2014の展示住宅では学生も建築に参加する

ENEX2014の展示住宅では学生も建築に参加する

【参考】
芝浦工業大学 - 建築工学科 ZEHプロジェクト

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.