> > 「太陽光発電アドバイザー」試験、第4回受験の受付開始

「太陽光発電アドバイザー」試験、第4回受験の受付開始

記事を保存

特定非営利活動法人(NPO法人)日本住宅性能検査会は、太陽光発電に関する専門家を育成する第4回太陽光発電アドバイザー試験の実施要項を発表し、受験申込を受付開始した。

試験の詳細は以下の通り。

  • 試験時間:
    平成26年5月11日(日)14:00~16:00
  • 合格発表日:
    平成26年6月2日(月)
  • 試験地:
    全国7都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡)
  • 受験申込期間:
    平成26年1月21日(火)~平成26年4月11日(金)
  • 出題形式:
    マークシートによる 4肢択一方式/50問
  • 受験料:
    8,800円

出題内容は、太陽光発電の社会環境に関すること、太陽光発電システムの概要、原理・技術に関すること、またそれの導入に関する法令・資金・安全管理など、太陽光発電に関する全般的知識が出題される。

太陽光発電アドバイザーは、特定非営利活動法人・日本住宅性能検査協会が認定する民間資格。太陽光発電アドバイザーの役割は、主に一般住宅用太陽光発電システムの導入に際して、その専門的知識をもって消費者に対して適切な助言を行い、トラブルを処置し、安心して太陽発電システムを導入できるよう、支援することを目的としている。

今回は第4回目の試験実施であり、前回の第3回における合格率は51.96%(676/1,301名)だった。

日本住宅性能検査協会は、住宅需要者保護を目的とした特定非営利活動法人。適正な家づくりを実現するため、住宅診断・検査事業を推進しており、住宅診断・検査を行うための人材育成、また住宅需要者意識向上を目的として、教育・啓発事業の推進や住宅需要者に対しての無料相談などを実施している。

【参考】
日本住宅性能検査会 - 太陽光発電アドバイザー 試験実施案内

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.