> > IHIの小型バイナリー発電装置 今度は長野県のホテルで温泉発電用に受注

IHIの小型バイナリー発電装置 今度は長野県のホテルで温泉発電用に受注

記事を保存
IHIの小型バイナリー発電装置 今度は長野県のホテルで温泉発電用に受注

IHIは、最大送電端発電出力20kWのパッケージタイプの小型バイナリー発電装置「ヒートリカバリー“HRシリーズ”」一台を、七味温泉ホテル(長野県上高井郡)から受注した。

本装置は、同社の七味温泉ホテル渓山亭の温泉を利用して発電するもので、温泉発電用としては初めての受注となる。ホテルでは、90℃前後の温泉を利用して発電するほか、浴用だけでなく、ハウス栽培などへの二次利用なども検討している。付帯設備を含めた発電システム一式を受注し、納入は2014年3月下旬の予定。

ヒートリカバリーは、70℃~95℃の温水を利用して少量の温水でも最大で20kWの発電が可能な装置。この装置で発電した電力は、送電網(商用電源)に接続することが可能なため、自家用として利用可能なだけでなく、地熱(温泉)による再生可能エネルギーの固定価格買取制度の適用で売電も可能であることから、今回の受注となった。

ヒートリカバリーは、従来、バイナリー発電に適さないとされ捨てられていた、少量の温水の利用実現を目的に開発されたもの。最大送電端発電出力20kWの小型・軽量タイプで、これまで熱エネルギーの回収が難しいとされてきた、工場などで分散して排出されている100℃未満の温水を集約せずに利用することができる。さらに、少ない熱エネルギーで高出力を得ることが可能な、非常に高効率な装置となっている。

同社では、今年度末までに、20台以上の受注を目標に営業活動を展開するとともに、今後、更なるラインナップの拡充を図り、顧客の様々な省エネ・発電のニーズに対応していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.