> > 三菱重工と日立が協業 中国でガスエンジンによる分散型発電システム事業

三菱重工と日立が協業 中国でガスエンジンによる分散型発電システム事業

記事を保存

三菱重工業と日立製作所は、1月21日、中国においてガスエンジンによる分散型発電システム事業で協業することに合意し、契約を締結した。三菱重工は、中国でのエンジン及び発電セット事業を担っている三菱重工グループ100%出資の三菱重工発動機系統(深圳)の株式のうち35%を日立に譲渡し、商号を変更して、2014年中に合弁会社化する予定。

合弁会社は、本社を深圳に、支社を上海に置き、従業員は約60人の体制とする予定。これまで三菱重工発動機系統(深圳)が担ってきたエンジン及び発電セットの販売・アフターサービス事業に加え、日立との協業により新たにガスエンジンによる分散型発電システム事業を手掛ける。

これによりコジェネレーション(熱電併給)システムの提案、設計・調達・建設(EPC)に加え、オペレーション、サービスメンテナンス、ESCO(クライアントの省エネ対策を行い、省エネルギー効果の一部を報酬として受取るサービス)などの各種エネルギーサービスを提供するソリューションビジネスを展開する。

両社は、同合弁会社を活用して、今後、中国で急拡大が期待されるガスエンジンによる分散型発電システム市場に本格参入することで、シェア拡大を目指す。

現在、中国政府は、増加する電力需要に対応するため2020年までに環境性に優れた天然ガスを燃料とした5,000万kW規模のガスエンジンによる分散型発電システム設備を導入する方針を打ち出している。これまで三菱重工は、国内外にて分散型発電システム設備を多数導入した実績を有し、また、日立は国内を中心にエネルギーサービス事業やコージェネレーションシステムのエンジニアリング及びオペレーション事業に積極的に取り組んできた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.