> > 植物工場で高機能抗菌技術が初採用 根腐病など病原菌防止のため

植物工場で高機能抗菌技術が初採用 根腐病など病原菌防止のため

記事を保存
植物工場で高機能抗菌技術が初採用 根腐病など病原菌防止のため

神戸製鋼所は、同社が開発した高機能抗菌めっき技術「KENIFINE®(ケニファイン)」が、田中住建グループのTJクリエイト(兵庫県伊丹市)が新設した植物プラントに、農業分野としては初めて採用されたと発表した。

ケニファイン水系コート:植物工場内の壁や床にスプレーで抗菌コートを行う

植物工場内の壁や床にスプレーで抗菌コートを行う

TJクリエイトでは、新鮮な野菜を洗わずにそのまま食べることを目指し、微生物に対する抗菌やその繁殖の温床となる藻の抑制のため、植物プラント内の床や壁などにケニファイン水系コートを塗布している。今後は、その有効性と使用条件を検証しながら、使用範囲の拡大を進めていく計画。

ケニファインは、従来の抗菌技術に対して10倍以上の滅菌スピードとその後の菌の増殖を抑制する効果がある。かびの生育を抑制する作用は、銀系抗菌剤の50倍以上。SARS系コロナウイルス、A型インフルエンザウイルスなど抗ウイルスや防藻、サケマス魚卵のミズカビ抑制などの効果も認められている。現在、食品・飲食産業や医療関係、家電・エアコン部品、漁業用金網などの産業分野や、台所用品、グルーミンググッズなどの一般消費財、さらにはアミューズメント分野などの民生用途で採用されている。

水耕(養液)栽培では、培養液中に病原菌が侵入すると防除手段がないため、植物病原菌によって根腐病や萎凋病などが発生し、施設内の作物が全滅するなどの被害がしばしば発生している。資材等を消毒しても再発することが多く、培養液殺菌とともに、使用する資材に病原菌が付着、残存を防止する抗菌化が必要となっている。

そこで代表的な植物病原菌と藻の発生に対するケニファインの効果を調べた結果、ステンレス基材に「ケニファインめっき」することで、植物病原菌糸状菌であるトマト萎凋病菌やトマト根腐病菌の発芽を抑制できることが確認された。また、「ケニファイン粉末」を用いても同様の効果が見られた。

さらに、ロックウールによるレタス栽培において、ロックウール表面に適度な濃度の「ケニファイン水系コート」を使用することで、レタスの生育に影響を与えずに、マット表面の藻の付着を抑制できることが分かった。今後、ケニファインが植物プラントを始めとする水耕(養液)栽培分野における新しい衛生管理手段として利用されることが期待される。

神戸製鋼は、ケニファインの様々な用途を探求することで、飲食品や医療福祉、電機・空調、一般消費財、漁業などの分野で優れた抗菌技術として利用を広めている。昨年5月に発表の通り、大阪府立環境農林水産総合研究所及び森村商事(東京都)と共同で農業分野におけるケニファインの抗菌性や防藻性を検証し、土を使わずに栄養源を培養液で供給して農作物を栽培する「水耕(養液)栽培」の衛生管理手段として有効であることを確認した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.