> > 水より重い成分を何でも分離できる分離装置 砂ろ過器より節水・省エネ

水より重い成分を何でも分離できる分離装置 砂ろ過器より節水・省エネ

記事を保存
水より重い成分を何でも分離できる分離装置 砂ろ過器より節水・省エネ

カルファケミカル(神奈川県)は、水中不純物分離装置「CALFA SEP(カルファセップ)」の特許を取得したと発表した。

同装置は、同社が開発した世界初の構造「RINGS高速分離法」を採用し、水中の固形不純物を下方に分離し、底部に濃縮し排出できるのが特長。水中の水よりも重い(比重:>1.0)の成分であれば、どんな物でも分離可能。

また、圧力損失をほとんど発生させず「7ミクロン」までの超微粒不純物までセパレーション可能。節水・省エネ・防さびから、人間の健康、環境保護までを同時に実現できる、新しい環境考慮型水処理技術として注目を集めている。

CALFA SEPは、同社の無りん・無窒素・非ポリマー系の水処理剤「CALFA BAS (カルファバス)」との併用により、水中の不純物を効率よく凝集・濃縮させ、設備に悪影響を与える硬度・濁度の高い汚れた水だけを抜き取ることができる。そして、砂ろ過器(サンドフィルター)のように頻繁に行わなければならない逆洗浄も必要ないため、著しい節水効果が得られる。また、設備に対して補給水を最低限しか使用せず、いつもキレイな水だけで循環&熱交換させるため、設備のスケール障害が発生しない。

このようにCALFA BASの設備・配管内のクリーニング作用・スケール予防・防さび効果で、常に健全な設備を維持し最適な熱交換率を生み出すため、大きな省エネ効果が期待できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.