> > 水より重い成分を何でも分離できる分離装置 砂ろ過器より節水・省エネ

水より重い成分を何でも分離できる分離装置 砂ろ過器より節水・省エネ

 印刷 記事を保存

カルファケミカル(神奈川県)は、水中不純物分離装置「CALFA SEP(カルファセップ)」の特許を取得したと発表した。

同装置は、同社が開発した世界初の構造「RINGS高速分離法」を採用し、水中の固形不純物を下方に分離し、底部に濃縮し排出できるのが特長。水中の水よりも重い(比重:>1.0)の成分であれば、どんな物でも分離可能。

また、圧力損失をほとんど発生させず「7ミクロン」までの超微粒不純物までセパレーション可能。節水・省エネ・防さびから、人間の健康、環境保護までを同時に実現できる、新しい環境考慮型水処理技術として注目を集めている。

(※全文:600文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.