> > 三菱電機、ベトナムの病院に高効率エアコンを1000台導入 EMSで連携制御

三菱電機、ベトナムの病院に高効率エアコンを1000台導入 EMSで連携制御

記事を保存

三菱電機、三菱商事及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、ベトナムのハノイとホーチミンの国営病院に高効率のインバーターエアコンを約1,000台導入し、病院全体の省エネ化と、それを実現するためのエアコン運転技術のシステム化を目的とした実証事業を始める。

同事業では、複数台のインバーターエアコンを効率的に連携制御するエネルギーマネジメントシステム(EMS)を開発。

さらに、換気に伴う熱損失を低減する全熱交換器(ロスナイ)も同時に導入し、GHG排出削減効果や省エネ効果などについて、当該技術・システムの有効性を実証するとともに、国営病院における省エネの推進と院内空気質の向上を図る。実施期間は平成26年1月~平成28年2月の予定。

なお、今回の事業において、三菱電機はEMSの設計・開発、三菱商事は二国間クレジット制度(JCM)方法論の登録申請、実証手続き、三菱UFJモルガン・スタンレー証券はMRV(測定・報告・検証)方法論開発、現地事業者支援を手がける。

同事業は、昨年12月に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)により採択された地球温暖化対策技術普及等推進事業の一つ。

また、ベトナムで日本の技術を用いて省エネ化を図り、温室効果ガスの削減に努めることは、地球全体の温暖化対策に繋がるとの認識の下、ベトナムと日本はJCMに合意しており、同事業はJCMの手続き(妥当性確認、登録、排出削減量のモニタリング・報告、検証まで)を活用し推進していく。

【参考】
環境省 - 地球温暖化対策シンポジウム2014「二国間クレジット制度(JCM)プロジェクトと適用方法論の開発に向けて」の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.