> > 栃木県、県がサポートする小水力発電事業者を募集 有望な候補地は15カ所

栃木県、県がサポートする小水力発電事業者を募集 有望な候補地は15カ所

 印刷 記事を保存

栃木県は、県内河川における小水力発電の有望地点15地点において、県の積極的なサポートを受けながら水力発電の開発を行う発電事業者を募集する。募集期間は2月3日(月)~2月14日(金)。3月上旬に応募者のヒアリングを行い、3月中旬に事業者を決定する予定。

応募を希望する事業者は、まず、2月3日(月)~2月14日(金)の期間に参加希望書を提出。その後、事業提案書を2月3日(月)~2月21日(金)の期間に提出する。

栃木県内には河川の源である山地や森林を有することから、豊富な水資源を活用して年間を通して安定した水力発電の実施が可能。そこで、県では水力発電の一層の導入を促進するために、県が民間の発電事業者を積極的に支援する「河川活用発電サポート事業」に取り組む。

本事業では、まず県内河川の現地調査を実施し、発電の実現可能性のある15地点について、発電所の想定規模や経済性を試算し、昨年12月に公表した

(※全文:1,154文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.