> > 東京都中央区に「ぬ利彦ビル南館」竣工 省エネ評価AAA相当の環境配慮

東京都中央区に「ぬ利彦ビル南館」竣工 省エネ評価AAA相当の環境配慮

記事を保存
東京都中央区に「ぬ利彦ビル南館」竣工 省エネ評価AAA相当の環境配慮

三菱地所は、中央区京橋に高機能免震オフィスビル「ぬ利彦ビル南館」が竣工したと発表した。同物件は、ぬ利彦が事業主となり、同社と、清水建設、三菱地所設計、ザイマックスプロパティズが共に開発を進めてきた。

同物件は、環境配慮の点で下記の特徴を備えている。

  1. 直射日光を遮蔽する、奥行500mmの三枚水平庇のワイドビューカーテンウォールを採用
  2. 室内CO2濃度による外気導入量制御や全熱交換器、高効率機器を採用
  3. 日射熱負荷の低減を考慮したLow−Eペアガラスを採用
  4. 貸室内・共用部ともにLED照明を採用し、消費電力を約30%削減

これらを中心とした配慮により、東京都の省エネルギー性能評価「AAA」相当の性能を確保した。

また、中間階免震装置の採用により高い耐震性能が備わっているほか、シミズ・ビルライフケアが「24時間建物総合管理センター」を併設し365日非常時対応が可能な点や、ビル用の非常用発電機設備の設置、テナント用の非常用発電機スペースや、非常時対応用の備蓄倉庫を用意するなど
BCP(事業継続計画)対策も充分に考慮されている。

同ビルは、地上9階、地下1階建てで、昭和通りに面し、都営浅草線「宝町駅」、東京メトロ銀座線「京橋駅」、JR「東京駅」からいずれも徒歩圏内という立地にある。

用途は、1階が店舗、2~9階が事務所となっており、1階店舗区画にはヤナセオートモーティブが「Audiショールーム」を3月1日にオープンする予定だ。事務所部分には本物件のビル管理を担うシミズ・ビルライフケアの他、綜合ユニコム、SBI証券等の入居が決定している。


ぬ利彦は創業300年、江戸時代から京橋を拠点に酒類・食品卸業者として発展し、地域社会への貢献を果たしてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.