> > パラオに太陽光発電導入し二国間クレジット制度利用 環境省から50%補助金

パラオに太陽光発電導入し二国間クレジット制度利用 環境省から50%補助金

 印刷 記事を保存

環境省は、二国間クレジット制度の実現に向けた取り組みの一環として、建設コンサルタントのパシフィックコンサルタンツ(東京都多摩市)がパラオで実施するCO2排出削減事業へ補助金を交付する。

同省は、平成25年度二国間クレジット制度を利用したプロジェクト設備補助事業として、同社がパラオで実施する「島嶼国の商用施設への小規模太陽光発電システム導入プロジェクト」を候補採択案件として決定したと発表した。パラオは太平洋上のミクロネシア地域に散在する島々からなる国。本プロジェクトでは、想定CO2削減量として、年間390tCO2を見込む。

(※全文:701文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.