> > 水銀イオン+DNAの二重らせん立体構造が解析 公害対策等に応用可能

水銀イオン+DNAの二重らせん立体構造が解析 公害対策等に応用可能

 印刷 記事を保存

上智大学は、神奈川大学、東北大学と共同で、X線結晶解析法をつかって、水銀イオンがDNA二重らせんに結合している様子を観察することに世界で初めて成功したと発表した。

本研究で得られた成果は、ナノテクノロジー分野では導電性ナノワイヤーなどの金属-DNAハイブリッド材料の開発への応用、環境科学分野では公害の原因となる水銀イオンに対するセンサーや除去膜などの開発への応用、生命科学分野では、遺伝暗号の拡張技術への応用が可能。

(※全文:658文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.