> > 三菱重工、東洋製作所を完全子会社化 協業により冷熱事業など拡大

三菱重工、東洋製作所を完全子会社化 協業により冷熱事業など拡大

記事を保存

三菱重工業は、冷熱・環境エンジニアリング大手の東洋製作所の全発行済株式を取得し、同社を完全子会社化した。今後は、同社との連携を一層強化し、海外展開、エンジニアリング事業、低温エンジニアリング分野、空調事業、サービス事業など各分野において協業することで各種シナジーを創出し、冷熱事業のさらなる拡大を目指す。

東洋製作所は、1952年に三菱重工とニチレイ(当時は日本冷蔵)の共同出資で設立されて以来、総合冷熱・環境エンジニアリング企業として、冷熱、空調、環境設備等のシステム・機器の設計・製作・施工・保守サービスを手がけてきた。低温・熱回収・自然冷媒分野の独自の先進技術や製品群、全国規模の販売・サービス網を駆使した事業展開などに強みを有する。

今回の完全子会社化により、東洋製作所は、三菱重工の海外事業のノウハウ、事業インフラを活用し、喫緊の経営課題となっている海外市場への対応など海外展開を進める。エンジニアリング事業においては、プラント内で発生する熱の活用について、東洋製作所が持つ排熱回収及び冷却技術を活用したCO2回収技術などの熱利用技術を活用することで、三菱重工のプラントの競争力強化と東洋製作所の事業規模拡大を図る。低温エンジニアリング分野では、フロン系の冷媒が規制される傾向の中、三菱重工のフロンレスのコンプレッサーの技術などを活用することで、事業拡大やエンジニアリング力の基盤強化を図る。

空調事業においては、東洋製作所は冷凍機本体の工事・サービスに加えて、三菱重工が取り扱っていない空調機の周辺機器の工事・サービスについての対応力を有しており、三菱重工の空調機のサービス事業と合わせることにより、サービス事業の拡大を図る。サービス業務については両社の体制は一部重複しており、これを見直すことにより業務プロセスの省力化を図り、新しい需要を開拓することで、サービス事業の売上の拡大を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.