> > LIXIL、「盗難抑制ボルト」つきの太陽光発電システムを販売開始

LIXIL、「盗難抑制ボルト」つきの太陽光発電システムを販売開始

 印刷 記事を保存

LIXILは2月3日から、「ソーラーベース柱建てタイプ連棟仕様」の販売を全国に向けて開始した。同製品は太陽光発電パネルと架台がセットになった太陽光発電システム。

以前からあった「ソーラーベース柱建てタイプ」は屋根の老朽化のため通常の太陽光発電パネルが設置できない場合に対応でき、さらに住宅の余剰な土地を利用して太陽光発電ができるものとして好評を得ていた。

今回販売するのは、同製品に「連棟仕様」を追加したもの。

(※全文:660文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.